あいたクチがふさがらない

2013年1月10日

こんなニュースがあった。

山中教授に洗濯機贈呈決定=閣僚で祝い金集める―田中文科相

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000122-jij-soci

あいたクチがふさがらない。

こんな人たちが日本を動かす政治をしているのか。

対症療法的な考え方しかできない人たちだ。

山中教授にはぜひ「私は受け取れません」と宣言してほしい。

問題はノーベル賞級の研究をして実績をだしている先生が新しい洗濯機を買えないお給料だということ。

政治家の仕事は他にも多くいるこんな生活環境で仕事をしている研究者に、少なくともこんなことでわずらわされることのない給料を出せる環境を整えることだ。

「一人1万円ずつ16人から集め、16万円分の洗濯機を寄贈」ってアメリカ人がこの記事を読んだら笑うよ。もしかして政治パフォーマンスだったらさらにお粗末な話だ。

うまく皮肉ったニュースが登場しました。
http://kyoko-np.net/2012102201.html

フォローする