西表島に塩工場新設

セルフビルド関係で2回ほど見学をさせていただいた縁で「ソルトラボ石垣島」の藤本さん、大庭さんと知り合いました。
塩工場の落成、塩釜の火入れ式にご招待いただいたのでお邪魔してきました。

午前中大原で自分の作業、12:40に出発して余裕で間に合うと思いきや、13:37着と7分遅刻。すでにはじまっていました。浦内川の手前ですが、道から奥に入るので、おそらくどこにあるかわからないでしょう(笑)

こちらが塩釜かな。

こちらがろ過装置かな。

海水は、近くの祖納地区の海水を使うそうです。トラックで1立方メートルのタンクで海水を運び込むようです。

ボイラーです。夏は地獄ですね。それにしても全部2人で組み立てています。すごすぎます。そして建物も。

こちらで天日干しかな。こちらも夏は地獄のはず。ビニールの壁。こんなに大きなビニールがあるのですね。

儀式のひとつ散米(さんまい)をしていました。

試作(?)の塩をなめさせていただきました。ほんのちょっとなめただけなのに、すごく塩分が凝縮されているように感じました。

市販が楽しみです。どのような塩が出来上がるのでしょうか。近いうちにまたお邪魔して実際の塩作りを見学したいと思います。