fbpx

「自分は絶対に正しい」と譲らない人に

婦人と老婆 その他

facebookで政治ネタのグループを管理していたり、時折流れてくる政治にからむネタを見ますが、両者とも頭がコチコチに固まっているように思いますね。

もっと柔軟性をもったほうが、人生が楽に、楽しく生きていけると思いますよ。

ちなみに私は政治の議論は、数行読んで面白くなければそれ以降は読んでいません。

さて、こんな風刺絵がありました。

 


とてもわかりやすい絵です。

お互いに「絶対に正しい」と信じて疑わず、相手は「絶対に間違えている」と勘違いしている。

自分は「正しい」けれども、もしかしたら相手も「正しい」かもしれない。なぜ「相手がそういう答えを出すのか」と相手側に体を回りこんで眺めてみることが大切です。

相手側の言い分もしっかり理解した上で「私は正しい」ではなく「あなたの考え方も理解できるが、こういう理由で私はこちらの考え方を支持したい」という意見表明ならばいいと思うんですよね。

好奇心旺盛な人でいろいろな趣味をもっている人は、きっとそんな感性がある人だと思います。

例えば「トライアスロン」なんて体をいじめ抜くスポーツ、なんであんなものを好き好んでやるんだろう? と、普通は思いますよね。しかし好奇心旺盛な人は、その魅力を確かめるためにやってみてしまう。

いろいろな体験をしてバランスが取れている人は、とりあえず相手の意見を聞いてその理由を確かめてみる。そして自分なりの答えを見いだす。そんな姿勢が必要かと思いますよ。

 


さて、20年ほど前、縁あって高校1年生の担任をした時のことを思い出しました。

まだ入学してももない頃、だまし絵 「婦人と老婆」を使って、生徒に実験をしてみたのです。

高校1年生なのでこのだまし絵を知っている生徒はいませんでした。

下の絵は婦人に見えます。



下の絵は老婆に見えます。



ここまでいいですか? これがわからないと先にすすめない(笑)

そして、この2つの絵を背中合わせにくっつけます。

そして教室を半分に分け、片方の絵しか見えないように教室の真ん中をゆっくり歩きました。

 

 


そのあと、今度はこちらの絵を教室全体に見せます。


そして、これは「婦人」に見える人と「老婆」に見える人がいる。
「婦人に見える人は手を上げて」というと、教室の左側の人がみんな手をあげる。

「老婆に見える人は手を上げて」というと、右側がみんな手をあげる。
※完全には分かれませんでした

そして、生徒はお互いに「どうみてもおばあちゃんだろ」「いやいや、若いだろ」「お前おかしいんじゃないの?」などと意見をいい合う。

そこで最初に見せた2枚の絵を全員に見せてタネあかし。「この輪郭で見れば婦人だし、こっちの輪郭で見れば老婆だよね」といえば、「あっホントだ」となる。

そしてドヤ顔でお説教(笑)

「婦人に見えた人は、まさか老婆に見えるとは思いもしなかったよね。人の意見というのはいろいろあって、自分が絶対に正しいと思っていても、相手は絶対に間違いとは言い切れない。なぜ相手がそういうふうに思っているのか確かめるのが大事だよ。今後、勉強や部活動でいろいろな人とぶつかることがあるかと思うけど、なぜ相手がそう思うのか、よく確かめてから判断をしたほうがいいよ」

たぶん生徒には伝わったと思うし、その後そういう見方ができる人間に育ってくれた(はず)ww。

現役で先生の皆さん、ぜひお試しを。