自力で泣きながらiPhone5sのバッテリー交換

2016年3月24日

今年元旦に買ったiPhone5s。

最初の一カ月くらいは「バッテリーがよく持つなぁ」と関心していたのだが、ここ1カ月間、もうなくなるのが早いこと。

一日もたない。まだ7カ月なのに。

満充電したらコードを抜くのがいいらしいんだけど、そんな工夫、全然していなかったからね。

外付けの大容量バッテリーも最近あやしく、だったらiPhoneのバッテリーを交換してしまおうということに。

どうせなら純正は1,570mAhだけど、大容量の2,680mAhがたった1,550円プラス送料500円で買えると。

工具付きで1,550円だけど工具はしょぼかった…

アップルの正規の交換は7,500円くらいかかるし、石垣だとさらにプラスアルファになりそうだし日数もかかる。

みんなやっているみたいだし自分でやってみよう!(アップルの保証からはずれるけど、というか保証はかけてないけど)

と思ったのが泣きをみる結果に。

まず夜に作業したのが失敗だった。

すごい細かい作業で明るいライトが必要。太陽光が一番。

そして動画を見れば誰でもできるということだったが、いざ調べるとiPhone5の動画はあるが、5Sはない。

あってもしょぼくて使えない。仕方なくいくつかの5の動画を交互に見るなどしてすすめました。

ほかに5S使っている人はまだバッテリーが使えるのかな?

まねしてほしくないのでやり方は省略します。

一番最初の関門、こいつ(はずれているやつ)を取り外すのに苦労した。

そして何が苦労したかってバッテリーを外す作業。iPhone5はベロがついていて、外しやすいけど5Sはいやがらせかついていない。

プラスチックの外す工具は割れてしまった。

「こんな固くて外れるのかよ」と思いながらマイナスドライバーを取り出し、テコの原理で少しずつ持ち上げる。

これ、iPhoneだからフレームが堅牢にできていて良かったけど、他のメーカーでは間違いなくこれだけの力をかけたら割れるか曲がるだろうね。

バッテリーがぐにゃぐにゃになりながらようやく持ち上げ。こんな強力な接着剤があります。

大容量バッテリーをセッティング。

それでなんとか今度は逆の作業をして戻したけど、すごい小さなネジを落とすわ、うまくはまらないわで大変。

もうこりゃ電源入らないかもなぁ そうしたらしばらくガラケーに戻るかなどと悪いことばかり考えました。

これは人のiPhoneはいじれない。リスク高すぎ。

祈るようにコードを差し込みました。

見事、ランプがつきました!!

なんか使用時間がへんなことになっている…

おかしいなぁ電池容量が増えていない。

結局ギターのピックは使わなかった。

なんのため??

あれ~ 部品があまった。まぁ動くからいっか。

というわけで冷や汗を書いた2時間でした。

ぜったいに5Sのバッテリー交換はお勧めしません。アップルの正規修理工場での交換をおすすめします。

自分は今は使えるけど、もしかしたら水没しやすくなったかもしれません。

———————————————–
2014/8/14 追加記事

iPhone 5s またバッテリー交換をしてしまった。

Follow me!