やったぜ! FXトレードバトル大会で優勝、3万円ゲット!

久しぶりにうれしい1日となりました。

自慢話なんで気に入らない人はこの先読まないでね~

自分は昨年からFX(外国為替証拠金取引)を再開したんだけど、なかなかうまく取引できない。負けてばかり。

この夏は、宿泊客対応などでぜんぜんできなかった。

そんな時に、国内FXの取り扱い業者、ヒロセ通商からメールが届いた。口座は作っているけど、ほとんど稼働していなかったんだけど…

以前から、この大反省会っていうのに参加したかったんだけど、都会での開催が多く、行けなかった。

しかし、地元で開催していただけるので「これは行くっきゃない」と応募してみました。

そして、この企画の目玉で「トレードバトル」があるらしい。

まぁ自分は落ちこぼれだし、都会から百戦錬磨の人たちが来島しているので、そんなに最初から「優勝するぞ」とは意気込んでいなかった。

この写真は帰りに撮影したもの。

会場は、30-40人(訂正25人でした)くらいの参加者がいる。6人掛けの同じテーブルに石垣島の人が他に2人いた。石垣島の人だけ同じテーブルに集めたかも。

小林社長まで来島されているではないか!

こちらの方。

そして、中盤に行われた、大会がスタート。

デモ口座で100万円スタート。ポンド円の10秒足で、勝負の時間は10分限定。30ロットという通常では考えられない(通常自分は1ロット程度)ロットを5本、つまり150ロットつっこんでいかに増やすかということ。

直前に教わった、移動平均線と、MACD(マックディー)のみを使って取引をする。

小林社長も参戦。

自分の勝負のポイントは、指標発表の前に、行きそうな方向にフルベッドしたから。リアルな相場ではそんなこと到底できない。ゲームだからいいのだ。逆に行ったら、大損になっていただけ。

それでうまく底から天井まで取れて、逆に落ちてくる時もとれた。

それで、8分後には、1,430,350円になっていた。「事前に130-140万円行けば優勝の可能性がありますよ」と言われていたので、取引はもうしなかった。

結果、小林社長は133万円くらいで、表彰の時に「この数字はすごいですよ!」と褒められた。2位の人も石垣島の人で133万円くらいだったと思う。

写真を撮影されたり、動画インタビューされたりしたので、後日、ヒロセ通商のサイトに掲載されると思う。

それで優勝の賞金は3万円! ありがたや ありがたや! 10分で3万円稼いだ~

ヒロセ通商がなぜこんな大判振る舞いなイベントをするかというと、参加者が取引をするたびにスプレッド(差額)がチャリンとお金が入り、客が勝とうと負けようと、お金が入ってくるから。ただし、客が負けて「もうFXなんかやるか!」とやめてしまうとお金が入らなくなる。だから勉強会などを開いてその後は勝ってもらい、winwinになりたいというわけ。

帰りには高級お弁当やおみやげもいただきました。

すごい量のお弁当だった。

ごちそうさまでした。

いろいろと新たなアイデアもいただいたので、これからのトレードで活かそうと思います。

実は1つの夢は、石垣島でトレードの教室を開くことなのだ。インターネットがあれば、石垣島も世界中の人と平等に勝負ができるからね。人生、一発逆転も狙える。

教室を開けなければ、自分も相場のこやしになってしまったということです。

ちなみに自動売買を5月からやっていて、ほったらかしでこんな増えた。

これの手法は、信頼性が出てきたら、Kindleで出版しようと思う。


本、書きました!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事