石垣市、Websiteをリニューアルするも大失態では?

2020年4月8日

いやぁ。これはかなりおおごとですよ。

石垣市のWebサイト、3/26にリニューアルして洗練したデザインになりましたが、過去の投稿、全て消えているのではないかと思うほどです。

左下に検索の窓があり、例えば、「ごみの分別」と入れます。この、Googleの「カスタム検索」というもので、「あなたのサイトの中だけで検索しますよ」というもの。

しかし、たくさん結果が表示されますが、上位はみんな「広告」で役に立ちません。

スクロールしてようやく目的のページっぽいものが見つかればいいのですが、「ごみの分別」に直接関係のあるページはない模様。関係がありそうなページをとりあえずクリックしてみても…

クリックすると、「見つかりません」

たまにならば仕方がない。しかし、かなりの確率で見つからない。今までのデータ、全て削除してしまったのではないかと思われます。

新しいデザインで新規にサイトを作成すると、すべてを同じリンクで作るのは不可能に近いわけですが、もしそうだったら、古いサイトは残しておいて、移行期間として1年くらい並行して運営し、徐々に切り替える作業が必要でした。


それから、私が作成している「石垣島ごみ分別検索」を参考に、

新サイトでもごみ分別検索できるようになったようです。

しかし、例えば間違いやすい「ストロー」で検索しても出てこない。

まだ私が作ったサイトのほうが役に立ちます。

いやぁ。これはまずいですよ。新聞記者とか、過去のデータなどを使いたい時などあると思うけど、ぜんぜん使えなくなってしまった。八重山毎日新聞でも以前数行で新サイトについて触れていたけど、これ、もっとやばいと伝えたほうがいいですね。

それにしても、今までのサイトも市役所の職員が手作りって感じの素人っぽいデザインで、レスポンシブデザインに対応していなかったと思う。

これだけ、多岐にわたる内容なんで新しい制作会社には相当な委託費を払っていると思いますが、一番根本的な今までの資料、データを継続して見られるようにしないと全く意味がありません。サイトが乗っ取られたとか、データの資産が全部吹っ飛んだのと同じ状態です。

まだデータが残っているのならば、一度元のサイトに戻し、平行して新規サイトで運用していったほうがいいかと思います。

あと、要望ですが、クルーズ船の情報は、こんなふうにGoogleカレンダーにし、誰でもすぐに確認できるようにしたほうが利便性が高いです。PDFの表形式は読みにくいです

フォローする