【おすすめドラマ】「ALONE 孤独のサバイバー」が壮絶すぎる

日本でもきちんと見ていないのだが、よゐこが無人島生活したりする番組がある。

huluの「ALONE 孤独のサバイバー」だ。

ナスDも話題になったが、この世界はもっとすごいと思う。もしかしたらナスDならばやってしまうかもしれないけれど。

カナダのバンクーバー島に10個だけ好きなものをもっていき、サバイバル生活をしなさいというもの。

以下、ネタバレ注意

自分はシャチを見にここに行ったことがあるが、夏でもけっこう寒い。映像も基本10度以下。森には食べられる生物がほとんどなく、せいぜいネズミくらい。

基本ネズミなんか食べたくないのだが、貴重なたんぱく源として捕まえる姿が。

海には鮭がたくさんいるが、なかなか捕まえられない。海藻は食べられる。

そして何よりこわいのが、クマやクーガーが襲ってくる可能性があるというもの。もちろんやられても誰も助けてくれない。

カメラマンの同行はなく、自分たちが撮影をしなければならない。そこがすごいところ。
だから、孤独感も本物。
夜中はテントにカメラを向けておく。クマがテントに来た時の映像もある。みんな焚き火をしたまま夜を迎えるが、ライターは持ち込み禁止。火打ち石でつける必要がある。

その恐怖に夜を迎える前にギブアップする人もいる。10人が挑戦し、最後の1人だけ約5,000万円分の賞金が得られる。

中には木の枝でカヌーを作る人もいる。釣りが上達して十分な餌をとれる人もいる。

それでも孤独との戦いに耐えられず、また冬が近づき、嵐の日々が続くとギブアップすることになる。
シーズン1では50日、シーズン2では60日くらいで全員がリタイヤ。

日本の番組だったらスタジオのコメンターの映像をはさむだろうが、余計な修飾がない番組は見やすい。

ただ、あまりにシンプル過ぎて、一人ひとり持ち込んだ10品目がなんなのかわからなかったりする。

つっこみたくなるのは、日付を覚えるために、木に切れ込みをいれて経過日数を把握する人がいるが、持ち込んだビデオカメラに日付と時間がでるはず。

あと、バッテリーを相当持ち込まないとだめのはず。充電している様子がない。たまにスタッフがカメラを取り替えに来るのかもしれない。

ともあれ、一気にみてしまった。自分も挑戦してみたくなった。たぶん1週間もたないだろうけど。

ほかの【おすすめドラマ】はこちら