燻製づくりは奥が深い

29日、肉の日ということで、ゆらてぃく市場でソーキが袋つめ放題で800円だった。写真撮影をしようと思ったらスタッフさんが入ってきたのでパチリ。

これはかなりお得でしょ? ただ、今まで自分はソーキなんて調理したことこがない。

ちょうどバーベキューしたので焼いてみたけど、骨ばっかりで食べにくかった。

写真はイメージ(カキの姿がうっすらみえます)。

それでひさしぶりに燻製にしようとしてみた。

たぶんこの時以来だから3年ぶり。
https://blog.delta-a.net/8417/

最初はカセットコンロでチップをこんなふうにフライパンで熱してみたがうまくいかない。

調べてみたら、一斗缶ごとカセットコンロであぶってしまうのだった。

肉をセットし、熱する。

この温度計は大事。80度から90度をキープするよう熱する。

けっこう時間をかける。

途中、肉を取り出し、チップを足す。

結局、2時間くらい張り付き、コンロの火の調整をした。

これでうまそうだけど、食べてみたら中まで火が通っていない。フライパンで10分ほど焼く。

ようやくいい感じに。

うまいんだけど、何かが足りない。たぶん本当の燻製はもっと準備が必要なのだ。

こちらのサイトのように、1週間くらい前から下ごしらえが必要だと思う。

今の自分にはちょっと無理かな。そのうち心に余裕ができたらやってみたい。

途中からナッツ類をスモークしてみたがちょっと時間が短かったようだ。

忘れた頃にリベンジすることにします。

Follow me!