クリスマスにはレ・ミゼラブルが合っているかも

huluを見ていたら、2012年に公開されたレ・ミゼラブルが観られるようなのでみてみました。

lesmise_main

キリストや神の存在を考える映画で、思いのほかクリスマスにぴったりの映画でした。

どちらの立場も間違えていない。究極の選択。葛藤です。

長いです。大作です。1862年に原作が書かれたのでまさに時代を超える名作。

セリフはみんなミュージカル風です。

1957年に公開した、ジャン・ギャバン主演のレ・ミゼラブルも見たことがあります。

この時のジャン・ギャパンの存在感はすごかったので、それはちょっと超えられなかったかも。

ジャン・ギャパン主演のこの映画を観たことがある人、今の時代、少ないんじゃないのかな。

公開した1957年に30歳だった人は今、87歳だからこのブログを見ている可能性は極めて少ない。もしいたらコメントください(笑)

51PN7BNS0EL

もう一度この旧作も観てみたいものです。

映画を観た後は、スーザン・ボイルの歌声で感動の再確認です。

Related posts