これを機会に石垣空港の水槽、撤去しましょう

2-3日に1回は空港に行き、お客さまをお出迎えしている。

お客さまが出口を出て、すぐ目にする水槽の前で待っているのだが、今日の水槽はいつもと違う。

サンゴのような石が茶色くなっており、オヤビッチャが死んでいる。上にはヒフキアイゴがもう死にそう。

こちらは8/7に撮影したもの。魚が死んでみんなで食べていた。

ふだんはこの青い照明がついているのに今日は消えていたのだ。

空気の量も少ないようだ。

もしかしたら、この水槽をメンテナンスする業者が変わったのだろうか。あきらかに状況がおかしい。

今日はナポレオンの姿もなくなっていた。

いつも小型のナポレオンを入れているが、小型といえどもあの水槽はせますぎる。

せいぜい上の写真の青い魚(デバスズメダイなど)だけにしてもらえないだろうか。

もうメンテナンスも大変だろうし、撤去してもいいのではないでしょうか。


先日、うちに宿泊した小学5年生の女の子。

「石垣島に水族館はないんですか? 水族館好きなんです」

これを聞いて役所の皆さんだったらこう思うよね。

「やはり需要があるんだ。作らないと」

けど自分はこう言いたい。

「石垣島にはそんなまやかしの飼い方を展示しなくても、海という、自然の状態で魚たちを観察できる場所なんだよ。水族館なんて必要ないの」

「水族館はたくさんの生物を殺して犠牲にしているんだ。次から次へと魚を入れ替えている。中にはそのせいで絶滅しそうな種類もいるんだよ」

「もし、今、海の中で水族館ほど生物が見られなくても、大人になってスキューバダイビングを趣味にすれば、水族館の何百倍もすごい世界を見ることができるんだよ」


ということで、石垣空港は旧空港の時から水槽があり、到着した子どもたちはまっさきに、それをみて感動するわけだけど、SDGsの観点からも時代遅れの展示物。

今回おそらくこの水槽だめになると思うけど、これを機に撤去しちゃってもらいたい。

せっかく到着ロビーには、シャクシメーのタコとか、旗頭とか展示しているんだから、獅子を展示したりすればいいんじゃない?

それか西表野生生物保護センターのように、イリオモテヤマネコやカンムリワシの剥製の展示でもいいかも。レンタカー(島の人の車もそうだけど)で多くの生物がひき殺されているので、それを少なくするための、車の運転の啓発も兼ねて。
あの展示を考えた人ならば、いいアイデアがあるかもしれない。


関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/uploads/2017-05-10-21.12.33-800x600.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
有名人
石垣島でナイナイのお見合い大作戦の続編やりましょう
いやぁ。かなりの盛り上がりを見せたと思います。 「ナイナイのお見合い大作戦 石垣島の花嫁」。かなりの視聴率だったのでは。 https://...

Warning: getimagesize(/home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/uploads/5fb0f747d88ed62ff9ddcded559dda1e-800x403.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
おすすめ映像
【おすすめドラマ】サバイバー 宿命の大統領
「24-TWENTY FOUR」で大活躍したキーファー・サザーランド、 タッチというドラマも良かったのですが https://blog.de...