アリエクスプレスを半年使ってメリット、デメリット

以前こんな記事を書きました。こちらを読んでから下の記事を読んでいただければわかりやすいです。
日本語の表示ができて、検索キーワードも日本語でできるし、日本語の決済もできます。私はそうしています。

半年ほど使ってメリット、デメリットがわかってきましたので追記します。

太陽光LEDライト

けっこう送料が無料のものが多いことがわかった。かなりお得なのは、太陽光で充電する外用のライト。人感センサーがついていて、人が通ると点灯してくれる。
以前だったら、電線をはらなければできなかったものが、電線なし、工事なしで使えるのは大きなメリット。4つを頼んだら1個壊れていた。1個618円なのでまぁいいか。1年もてばいいが、2年くらい使えるものも。それならば十分元がとれる。

ワイパーのゴム

1本300円以下と格安。届くまで1ヶ月以上もかかった。だからあらかじめ買っておくのがいい。サイズを間違わないように。幅を間違えると使えません。

ワイヤレスイヤホン

アップル純正のは数万円するらしいが、たったの496円。本物は使ったことがないので音の比較はできないが、十分です。1時間ちょっとしか使えないのが残念。1時間使ったら充電しないと。

ネックスピーカー

アマゾンだと3,000円以上するが、1,498円。なかなかの使い心地で気に入りました。

iPhone11 Proのカバー

注文してから1ヶ月以上たちますが、まだ届きません。スマホのカバー類は緊急を要するのは基本アマゾンがいいでしょう。自分は1年後、転売する時のために今から注文しておきました。「新品のカバーをつける」といえば、それだけで入札が増えるような。

防犯カメラ

こちらは失敗。最近はクラウドストレージで保存するタイプにシフトしているようで、月額の使用量が1,000円くらいかかる。それは悔しい。microSDカードも差し込みして使えるのだが、設定でうまくいかない。返品しようと交渉したが、うまくいかなかった。英語で交渉しなければならないし、すぐには折れてくれなかった。「動画を撮って送ってくれ」などと要望も面倒。3,000円以上など、高いものはちょっとリスクがある。その点、アマゾンならば基本返品、返金に応じてくれるのでその点はありがたい。

防犯カメラは国産が1万円近くするけど、無難のようです。

アマゾンならば中国製のあやしいメーカーのものでも、とりあえず買ってしまえる。メモリは開封してしまったが、間違えた型番だったので返品。自分が悪いのだが、それでも受け付けてもらえる。

DVDドライブは、「ベストセラー」となっていたので買ったのに動作不良で返品。おそらくアリエクスプレスだと返品は面倒だろう。

ちなみに、最近のアマゾンの「ベストセラー」はあてにならないし、カスタマーレビューも注意したほうがいい。

自分も以前、やらせのレビューを書いていた口なので知っているのだが…(アマゾンにばれてもうレビューできなくなってしまった)

レビューを参考にするとしたら、星1つや2つのコメントだろう。それが本質をついているような気がする。

というわけで、2019年のアリエクスプレスの状況は、「安いもので消耗品ならばいいのでは」という感じ。300円以下のスリッパの注文では2ヶ月くらい待ちましたが、結局届きませんでした(笑) 勝手に届いたことにされてしまっていました。300円にクレームつけるエネルギーはもったいないので何もしません。

送料も無料のものが多いのだが、家電系は手を出さないほうがまだいい。100V電源のものなどは、コンセントの形状が違うものもあるので注意してください。

安いものから少しずついろいろなものを買ってみるといいでしょう。

アリエクスプレス 使い方」などで検索すると手取り足取り取引の仕方がわかりますよ。

フォローする