自己啓発本として、今までは
『マスターの教え』ジョン・マクドナルド

『世界最強の商人』オグ・マンディーノ

などが史上最強かと思っていた。

それに匹適する本があった。

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』 岸見 一郎、 古賀 史健

である。これはすごい。

アンダーラインをしていったらアンダーラインだらけになってしまった。

ちょうど太字になっている部分ばかりだけれど。

ちょっと古くさいいい回しなどか鼻につくけれど、内容が素晴らしい。目からウロコが落ちまくります。

人間関係で悩んでいる人はどうぞ。スッキリするかもしれません。

あっ自分は悩んでいませんよ(笑) ただ、頭の中で考えていたことなどが見事に文章に変換されていて「そうなんだよ、そうなんだよ」と驚きながら読んだので。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/uploads/2017-04-19-18.19.39-800x600.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
家庭菜園
インドヨメナ植えました
ボルトジンユを植えたばかりですが、まだまだスペースがあるので、今度はインドヨメナというものを植えてみました。 facebookの友達が分けて...