fbpx

軽トラハウス、シェル部分の固定をできました

軽トラモバイルハウス DIY

昨日の作業の続き。

軽トラハウス、シェル部分の固定作業
今日はシェル(荷台に置く部分)を軽トラにどのように接続させようか考えながらの作業。 結局、最初の案通りに行うことにしました。そもそもこれはかなり苦労して考えたものだし。 シェルに穴を開けてしまいますが仕方ありません。 あけ...

ネジを差し込んだら、2cmくらいあまる。


もう、このネジ買うためにメイクマンに2回行った。


近場の木田商会に行ったら、ステンレスで40円で買えた。M8り長さは90mm。あまっていた金具と一緒に取り付けてみた。強度は増すはず。ネジ代はメイクマンよりかなり安いのでは。


後部も2箇所固定する。

本体とアオリを倒した隙間に3cmあくのでそこにこんな感じで25cm×3cmの木材をはさむ。

ちなみにアオリは常時地面と平行にしたまま。締めることができない設計に。

なぜなら、外から人が締めてしまったら扉を開くことができず、出ることができなくなるから(そんなことをするやつもいないと思うけど)。

また、降りるときにアオリに足をかければ、その下に台がなくても乗り降りがしやすい(あればそれに越したことはない)から。


これは下から見上げた図。まっすぐに穴をあけるのが難しく時間がかかった。一番右は穴を開けたらネジにぶつかってしまい、あきらめ、コーキングした。


こんな形で丸カンネジが下から上に入る。


本体にはこんな感じで上がってくるのでネジどめする。ちょっと丸カンネジが長すぎるがこのままでいいや。


丸カンネジはこのようにして固定。こうすれば回らないから上からネジを締められる。実は両手を使って下と上のネジをおさえることもできたのだが。


これでシェルを固定することができた。ようやく外を走ることもできる。ただ、まだ終わっていない作業も多いので、試走はあとにして、そちらに手をつけなければ。

内装、後部の断熱材、内壁取付け作業。


スズキキャリイは、バックする時のライトが上の位置にあり、アオリを常時地面に対して平らにしている状況だと、見えない可能性があり、位置を下げてみた。


カプラーを買ってきて線を延長してみようかと思ったが、不要だった。


余った木を削って


差し込み


インシュロックで固定。これだけ下がれば後続車も見えるはず。


裏から見るとこんな感じ、エアコン工事などで使うパテで固定。


線も延長せずにすんだ。もし不要になっても簡単に元に戻せるはず。

さて、アオリを固定する金具がブラブラしている。こちらも固定しよう。

インシュロックは何ににでも使えて便利だなぁ。


今日の作業はもうひとふんばり。

天井にガルバニウムの板を張りたい。

人のさわる可能性がある部分は間違えて触ってケガをしないよう、1cmを折り返した。


ゴムのハンマーが役に立った。金槌だと打った場所のあとができてしまう。


屋根への設置は完全に失敗した。折り曲げてから設置したらサイズが合わない。

塗料などの厚みで微妙に変わったのだろう。直接のせて合わせてから曲げた方がいい。

90度に曲げるのではなく、少し内側に曲げておく。

そして、両面テープやコーキングを塗る。間違えて黒色のコーキングを買ってしまった。見えない部分だから結果オーライ。


1本のコーキング材で910×1442mmの接着を2枚分できた。あわてて透明なコーキングを2本買いに行く。

屋根にガルバニウムをあてる作業は2人がかりがぜったいにいい。コーキングがへんなところについてしまうだろう。

とりあえず2枚貼ったところで時間ぎれ。あとは後日にしよう。

明日はいよいよ内装に。珪藻土で壁と天井を塗りたい。

今日の動画はこちら。バッテリー切れで最初の1時間くらいしか撮影できなかった。

軽トラキャンパー制作 No.23