気象台長が各市町に電話して危機感を伝え、迅速避難かい

今日のNHKニュース。

秋田大雨 気象台長が首長に直接電話 危機感伝え迅速避難に

詳しくは記事を読んでいただきたいのだが、今回秋田の大雨で死者が出なかったのは、気象台長が各市長に直接電話で訴えたからだと言っている。


確かに結果は実を結んだのかもしれない。

しかし、今さらガラパゴス携帯でいちいち電話連絡って…


ちょっと古すぎる手法ではないですか?
そのために各首長と直接あって、こんな記念写真まで撮影しておいている。


私としてはおおいに違和感を感じます。


これ、全国の気象台長に「こんなふうに信頼を気づいておきなさい。電話番号を交換しておきなさい」って暗黙に命令しているわけ?

ちょっとやり方古すぎるでしょうよ。

ITの時代、もう少しやり方あるでしょうよ。

各首長も信頼関係がないと、避難指示を出さないわけ?

もう少し科学的にマニュアル整備できないわけ?

これが標準仕様になるべき伝達手段なわけ?

もうがっかりだなぁ〜

代替案はいっくらでもあると思うんだけど、間違えてもこんなやり方、広げないでくれよ。NHKさん。

Related posts