またまたビデオ関連の話。興味のない人には失礼。


AVCHDの素材、mtsデータをいかにして早く編集し、ブログにアップできるか。

Final Cut Pro 6(FCP,ファイナルカット)

Premiere Pro CS4(プレミア)

iMovie '08(iMovie)

で比較してみた。

取り込みについては、FCPが一番良い。なぜなら取り込みたい箇所だけ選択できるからだ。

今、2時間回しっぱなしにしているが、iMovieだとそれを全部読み込まなければならず、すごい時間になってしまう。

また、プレミアは、直接編集ができるが、画面がカクカクしてしまい、取り込みたい場所を探すのに非常にストレスがかかり、実用的ではない。

編集については、なんとiMovieが一番良い。とはいっても、その日の記録をストリーミングするための目的で書き出しする場合だが。

FCPもプレミアもQuickTimeのエンコードにすごい時間がかかり、しかも設定がめんどくさいが、iMovieが設定も簡単でエンコも一番早い。

それらを総合すると、FCPで映像を取り込み、それをタイムラインで編集せず、iMovieでビデオを取り込み、iMovieで編集をし、書き出しをする。

スローモーションに限っては、FCPで速度の調整をし、QuickTimeで書き出し、それをiMovieで読み込む。

それが一番早いという結論になった。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/uploads/5fb0f747d88ed62ff9ddcded559dda1e-800x403.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ishigaki3/blog.delta-a.net/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
おすすめ映像
【おすすめドラマ】サバイバー 宿命の大統領
「24-TWENTY FOUR」で大活躍したキーファー・サザーランド、 タッチというドラマも良かったのですが https://blog.de...