アカショウビンとかくれんぼ?

夕方、日没まで一時間ほど時間ができたので、相変わらずのバンナ公園へ。

今日は、前回いたアカショウビンがほとんどいない。

唯一、誰もいない公園の中で、手すりにとまっているところを5m先で発見。

道の真ん中で車をとめ、車の中から撮影。

セッティングが完了すると同時に飛んで行ってしまった。

その後、そのアカショウビンは別の場所で2回みたのだが、どちらもセッティング終了とともに飛んで行ってしまう。

もっと早くセッティングできないものか。

雲台はやはりジンバル雲台がいいのかもしれない。

それから車の中なのでなかなか水平がとれない。

これは三脚を変えなければならないか。いろいろと問題は多い。

それにしてもアカショウビン、どこへ行ってしまったのか。

それともまた日をあらためれば来てくれるのか。

公園を回っていると、一度撮影した木はほとんど覚えていることがわかる。

「あそこにいた」「ここにもいた」と思い出しながら、またいることを期待しながらドキドキして車を走らせている。

この気持ちはダイビングと共通するものがある。

これは一種の狩猟本能? それとも昔やった「かんれんぼ」?

とにかく今は、鳥見が何より楽しいのだ。

フォローする