なんでもかんでもシェアしちゃダメ

最近、こちらの記事がシェアされまくっています。以前よく目にした写真です。

「緊急事態」「行方不明」「拡散希望」という文字に惑わされ、安易に「シェア」してしまう気持ちもわかります。

ただ、その前にまずはリンク先の記事を読んでみましょう。

2014年の記事ですよ。今から5年前の記事。いまさらこの記事をシェアするのはいかがなものか。

さらにその下のコメントを見てみましょう。

残念な形で見つかったようです。もちろん、このコメントはうその可能性があります。

「柴田 拳人 遺体」で検索してみましょう。

柴田拳人くんが・・・

と出てきました。

おそらく正しい情報なのでしょう。警察署に電話して確認すれば間違いないのですが、そこまでする必要はありません。シェアしなければいいのです。

アメブロの元記事をさっさと削除するか、冒頭に「残念な結果となりました」などと追記してくれればいいのですが、それをしていないのも悪いといえば悪いです。

動物の可愛い姿など、何年立っても色褪せないほほえましいものは安易にシェアしても構わないと思います。ただ、行方不明をシェアする時には、ちょっと冷静になって正確な情報か確認する癖をつけましょう。

同様に「車の盗難」「あおり運転の容疑者」なども違う目的でシェアを希望されている可能性もあります。

シェアする前に検索して正しい情報か確認してからシェアするクセをつけましょう。

あっ、私の記事は「拡散希望」です(笑)