fbpx

軽トラハウスのジャッキアップの方法について

軽トラモバイルハウス DIY

軽トラハウス、軽トラモバイルハウス、軽トラキャンピングカーは、使わない時には、カタツムリの貝、つまりシェルの部分を外して、本来の軽トラとして使える点に魅力がある。

しかし、300kg近いものを持ち上げるのはかなりの負荷がかかり、例えば4点で支持するとしたら、1つにつき75kgの加重がかかる。

また、常に軽トラに300kgを乗せている状態は車にとって良いとは思えず、夜間は、持ち上げてあげたほうがいいような気がする。

そして、夜寝る場所は、駐車場は水はけの都合、少し斜めになっており、寝づらいようだ。つまり、夜はジャッキでシェルターを上げて、水平にしてから、寝るのが良さそうだ。

シェルターの持ち上げ方は基本3種類あり、

  1. 丁番を使って4角を持ち上げる
  2. シェルターの下部に単管を通し、神輿のように持ち上げる
  3. ジャッキでつるす

3番は工場などのため、旅行先では使えないので却下。

多く使われるのは、1番のようだ。しかし、2番もなかなかいい。

1番のわかりやすい動画

自作軽トラキャンパー9

2番のわかりやすい動画。これを見た時には目からウロコが落ちた。

軽トラキャンパー

しかし、いろいろ調べたが、1番が時間が早く、上げ下げができるようだ。また、サイドへの飛び出し部分も少ない。

1番の形で行きたいと思う。

単管ジョイントは、コーチスクリューというものでネジどめをすればいいのか。

 

丁番はこんなものがあるが、

 

 


鉄旗丁番というものならば、鉄なので溶接と相性が良く、鉄板と単管を溶接で接続すればかなり強度が強くなると思われる。


近日溶接機を購入し、鉄板とこれを接着するのが良さそうだ。

ちなみに、フロアジャッキというものを使えば、単管のジャッキベースを回す時に力を使わずに回せる。