ドラマ「ビリオンズ」が大作すぎた

久しぶりにハマったドラマ、ビリオンズ。シーズン5まで一気観してしまった。まだ終わっていないので今後続きが見られるが、一度に見ないと過去を忘れてしまう。

主演のダミアン・ルイスは、「ホームランド」でもすごすぎる役を演じていて、「24」のキーファー・サザーランドをこの作品で抜いたと言ってもいいかもしれない。写真左の人。

イケメンではないが、瞳が青く、スマートでもてそう。

ドラマは一言で言ってしまえば、この写真の二人のバトル。その周辺の人が巻き込まれ、多くの登場人物があり、途中で誰が誰だかわからなくなるかも。

内容が高度過ぎてたぶん半分も理解していない。アメリカの政治学、経済学、法学、心理学を一度に学べる感じ。一体誰が脚本書くんだ。すごすぎる。

大学の授業の教材になりえる。一つ一つの事柄を教授が解説すれば、それで十分関心を引く教材になるはず。

最初はつまらないかもしれないが、3話くらいから引き込まれていくのでじっくり見ていこう。

話がすすむにつれ、ちょっとしたお笑いも出てくるのでそれはそれで楽しめる。

このドラマがすごいところが、拳銃で物事を解決するシーンがひとつもないところ。「24」などはなんでも「殺してしまって解決」的だったが、それがない。

どうせならSEXシーンも削除してほしかったが、そんなに必要ないと思うのに出てくる。

ウィスキーを飲むシーンが多いのは法廷ドラマで多い。こいつら朝からストレートでよく飲むこと。
あとはピザとハンバーガーを食べるシーンが多く、つい自分も食べたくなってしまう。

日本のドラマだと回想シーンが多い分、話がわかりやすいが、回想シーンがないのでかなり昔のシーズンの話を覚えていないとわからないことが多い。少しは回想シーンを入れればいいのに。

2回見ればだいぶ理解も深まるのだろうな。

というわけで、Netfrix契約している人は、テラスハウスなんか見ていないでビリオンズを観よう。

フォローする