加速度的に家を劣化させる人

今までシェアハウスを約4年半運営してきて、累計45人を受け入れてきた。

性格が全員違うので当たり前だが、いろいろな傾向がわかってきた。

もしかしたら、私が運営するシェアハウスを退去した人が読むこともあるかもしれないが、心あたりがあればそうだし、私は複数人の統計で話しをしているので、あなただけの話ではないと最初にお伝えしたい。

ではいきます。

加速度的に家を劣化させる人

もう大変な人がいた。毎日のように他の入居者から苦情が来る。床をびしょびしょにする。してもそれをすぐに拭かないなど。油をそのままシンクから流すことも普通にしてしまいそう。
日に日に家の資産価値を減らしているのがわかるような人。
自分が建てた家で自分が住むのならば好きに使ってもらってけっこうだが、賃貸でそれはないでしょう。しかもシェアハウスでその生活態度は。
このような人がアパートを借りたら、退去の時にすごく傷んでいると思う。アパート・マンション経営者なら、たぶんこういう人「あるある」で頷いていると思う。

モノを壊す人

その人が触るとモノが壊れるんです。「たまたま自分が触っている時が寿命だった」と思っているんでしょ。いや違います。あなたが触ったから壊れるんです。家電製品などに多いですが、その製品についてよく理解しようとしないで使う。無駄に力を込めて引っ張ったり押し込んだりする。頭を使えば力を入れなくても開いたり閉じたりするんです。そういう人は基本取扱説明書などを読むことがない。だから壊す。
自分もあまり説明書は読まないタイプだが、その製品がどういう理由でそういう形になっているのかなどを観察しながら使っています。
そういうば、パソコンを教えていたときに、よくパソコンを壊す人がいたなぁ。キーボードを打つだけでWindows OSを壊す。ある意味特技(笑)

お皿を割る人

これは自分もする。だからあまり人のことは言えない。ただ、やはり取り扱いが雑な人は皿を割る確率も高かった。ちょっとした不注意で、ツルっとすべって床に落ちてしまうからね。
そのちょっとの心遣い、神経の使い方で割る確率がぜんぜん変わってくる。
ちなみに台所の床はクッションフロアがいいと思う。濡れることも多いし。
扱いが丁寧で、ぜんぜん割らない人もいる。そういう人は尊敬しています。
モノはいつか壊れるもの。とりあえずシェアハウスで割ってしまってもわざとでなければ弁償は求めていません。今後は気をつけましょう。

扉の開閉がうるさい人

これはですね。完全にその人の育ちがでます。どういう親、家庭環境で育ってきたか。
私はけっこう音を出してしまい人のことは言えないのですが。育ちのいい方は静かに扉を開閉しており、ホント尊敬してます。
残念ながらこういうクセは子供世代にもずっと引き継がれていくのだろうね。

適量がわからない人

一番よくわかるのが食器用洗剤。その人が使うと半端なく減るタイミングが早い。衣類用洗剤も同じく。
「ちゃんと落ちているか不安で」と思うかもしれませんが、安心してください。適量が一番落ちます。
無駄に使いすぎると水を使う量も多くなるし、エコではないですよ。

そうそう、トイレットペーパーを異常に多く使う人もいます。その1/10でもじゅうぶんきれいに拭けますから。あと使い切ったら(基本その人が最後まで使い切るんだけど)、次の人のためにちゃんと新しいものをホルダーにつけましょうね。それができない人は、人として私は最も軽蔑します。

少し脱線しますが、カップラーメンを作る時に適当な水をわかす人がいます。これをする人は、洗剤もトイレットペーパーも該当する人。カップラーメンには「500cc」などと必ず量が書いてあります。それを測ってその量だけ沸かせば、早くラーメンを食べることができるんですよ! なかには「もう1杯分ある?」っていうくらいけっこうな量を余らせている人がいますが、「人生を無駄に生きてるなぁ〜」って思いますよ。
たかが、カップラーメン一つ作ることでその人の人生が垣間見えてしまいます。

石垣に何年も住んでいるのにゴミの分別できない人

私より石垣に長く住んでいるのに分別のルールをよくわかっていない人もいる。納豆のプラスチック容器が汚いまま捨てたり、フタのペラペラを燃やすゴミに捨てずに一緒に捨てる。缶やペットボトルも軽く注がない。最終処分場で働く人のことも考えよう。そういう人は税金を余分に払ってもらいたい。


そんで結論

まぁ上の項目に心当たりがある人は、少なくともシェアハウスでの共同生活はしないほうがいいと思う。

一番いいのは自分で家を建てて、自分で好き放題して暮らすこと。
アパート・マンションを借りるのならば、少し自分を変えましょう。

自分を変えることができない人は、上のような問題に柔軟に対応できていないんです。「私はこういう人だから」と決めつけて生きている。けれどそれってすごい経済的な損失も多いし、地球にも迷惑なんですよね。たくさん稼いでいて、税金もたくさん払っているというのならこれ以上は言えませんが。

以前断捨離してこんな記事を書いた。

自分は断捨離によってだいぶ自分を変えることができた。また少しずつモノが増えてきたが、近日引っ越すし、これからはまた減らしていかなければならない。
最小限のもので生きていけることを学べたら一生の財産になると思うんですよ。
あと3日後に令和になるし、昭和のバブリーな日々は忘れて、新たな自分に変わっていくのもいいと思いますがね。