ララちゃんが「ここ掘れワンワン」


最近、朝の散歩はいろいろと事件が起きる。
今朝の散歩ではララちゃん、何かひかれるものがあったらしく、急に道を引き返した。
「何があったの?」と聞くと「ここ掘れ、ワンワン」ではなく「これなぁ~に」と興味津々。
(またiPhoneを忘れたので再現写真)
$石垣島ワンだふる生活
ゴミかと思いましたが、よく見るとヘビの抜け殻でした。
$石垣島ワンだふる生活
妻に話すと縁起の良い物だとか。
調べてみたら下記のとおり。
これから財布にいれることにします。
余っているのでほしい方には送りますよ。メッセージくださいね。

http://www.saifu.co.jp/untiku/untiku16.html

元々は中国から来た迷信、言い伝えでして、蛇という生き物は中国ではある種の神秘的な生き物として扱われていました。
瀕死になっても、脱皮することにより新たな生命が宿ると思われており、又、脱皮という行為が無限の生命を現していると思われていたようです。
そこでその蘇生力が皮にも宿っていて、へび皮を使って作られた財布には、中のお金を無限に増やしていく力があると信じられていたようです。
確か、本来は蛇の革を使った財布ではなく、財布の中に蛇の皮を忍ばせておくといった形が主だったはずです。
それらが日本に伝わったのですが、日本でも古来から蛇は神聖な生き物という民間伝説がありましたので、抵抗なく受け入れられたんだと思います。
---------------
いつの時代のことなのかはわからないけれど、昔は中国に行った人も中国から渡来してきた人も僧侶などの知識層が多かったのだから、こういう話がありがたい話として子々孫々言い伝えられて、身(巳)に付くの語呂合わせなども重なって、今のような話になってきたのだろうな。
そしてJinさんのいうとおり、ぼくがずいぶん若かった頃に、この業界の長老から「へび皮のサイフを使うんじゃなくって、脱皮したへび皮を小さく切ってサイフに入れておくのがほんとうなんだぞ」と教えてもらったことがあります。
でもへび革で作ったサイフのほうが効き目がありそうな気がしますよね。なかなか奥の深い話ではありました。
いつもペタありがとうごさまいす
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)情報へ
にほんブログ村
島暮らしランキング2位ありがとう!!
人気ブログランキングへ