星空 タイムラプス 編集 手順

星空 タイムラプス 編集 手順

自分用にメモ

4Kのタイムラプスで出力するとめっちゃきれいに仕上がるので、その手順。

いろいろ試行錯誤している途中で、今後はこちらのサイトを更新していく可能性あり。

ちなみにカメラは、OLYMPUS O-MD E-M1 markⅡ

カメラの設定

サイズは、F 5,184☓2,920 で撮影。
今はjpegで撮影しているけど、RAWにするかは考えている。
とりあえず動画編集が終わったら全部削除している。

編集はダビンチリゾルブ

新規タイムラインで、左下のUse Project Setting

フォーマットタブに切り替えて同じように設定

タイムラインに全部の画像を配置し、全てを選択、ズームを0.77に縮小すると、4Kのサイズにはまる。
→エディットモードでフォルダごと入れると、動画として配置される(2つに別れたりする)。
そうすれば書き出しを一度しなくてすむので、ひと手間なくなる。

 Fusionに切り替え、全ての画像に対し、同じ補正をできれば、一番シンプルだが、やり方がよくわからないので、一度動画で書き出す。

デリバーでびでおの書き出しはこんな設定で。解像度を3840…にしないと意味がない。

もう一度、タイムラインを作る。

それに書き出した動画を流し込む。

それに対して、「カラー」機能を使って明るさなどを調整し、天の川がきれいに見えるよう設定する。

BGMをつける。

それを書き出して終了。

YouTubeにアップしても1時間くらいしないと4Kで見ることはできない。