離島でもガソリン代が内地並になる方法見つけたかもしれない

その他

今日の情報はとっておきのネタです。

とにかく石垣島のガソリン価格はべらぼうに高い。

自分は年間10万円ほどガソリン代を支払っている。もしかしたら少ないほうかもしれないけれど。

しかし、毎回毎回、内地より10円/リットル以上高いと思うととても悔しい。西表島に住んでいたら石垣島よりさらに10円以上高い金額を払わなければならない。

先日、取引先の大阪出身の社長さんとガソリン代の話をしていたら「自分はこっち(石垣島)で入れても内地と同じ価格で入れられるんだよね」とポロっと話していた。

「まさかそんなのあるわけ?」と思って調べてみることに。

エネオスカードのサイトで調べたら、入れた量によって最大7円引きまでなる。

確かにそれでも安いが、「内地と同じ」ってどんなからくり? と思い、さらに調べたら発見しました!!



高速情報協同組合というカードがあるようです。

このカードのメリットは

  • 個人事業主でもオッケー
  • エネオスを選択できる
  • カード維持費ゼロ
  • 全国同一価格(これが一番のメリットですね!)

デメリットは

  • 出資金を1万円払わなければならない(脱退時に返金してもらえる)
  • 法人か個人事業主、つまり確定申告をしている人でないとだめ(鑑定申告の控えを送る必要がある。場合によっては審査で落ちるかも)

いつ脱退するのか? たぶん離島に住んで車を運転する限り脱退はないはず。そしてその時には脱退の仕組みを忘れているはず(笑) なので、1万円は会費と思ったほうがいいかもしれない。けれどもおそらく数年で元は取れるはずだ。

というわけでさっそく今日、申込みしてみました。

後日書類が届き、必要事項を記入して提出する必要があるようです。

カード到着、カード利用、そして楽しみなガソリン価格もレポートしたいと思います。お楽しみに。

「自分も早く恩恵を受けたい」という方は、ぜひこちらから申し込みをしてみてください↓




追記

石垣のエネオスでこのカードは使えないという表示があったとかなんとか。
詳しくはわからないのですが、大阪の社長は入れているようですし、また後日追加のレポートをします。


追記

残念ながら、沖縄のエネオスでは使えないということでしたが、出光の申込書が届きました。電話で確認したら昭和シェルで使えるとのことで、(旧)空港前給油所で使えるということです。そちらで申し込みをして、料金を比較してみたいと思います。


けっこう書類の記入、捺印箇所など面倒でした。仕方ありません。

 

その他車・バイク
スポンサーリンク
シェアする
i0607366をフォローする
石垣島ワンだふる生活