失跡者捜索の問い合わせが2件ありました

昨年に続き、2回目です。

2人とも20代男性です。

「石垣島や八重山に行っているかもしれない」と私のブログを見て問い合わせがあります。

確かに警察に頼んでもなかなか腰をあげてくれないでしょうから。

以前、よく失跡する失跡君と仕事をしたことがあります。

仕事ぶりは普通、人付き合いも普通です。会話も普通です。

それがある日突然消える。

予兆もなく、部屋は朝、家を出て行ったままの状態のようです。片付けもなく、荷物を運びだした様子もない。

不思議ですよね。

何も荷物を持たずにどこかに行くって難しいですよ。着替えも何もない。しかもその人は貯金はほとんどない。

その人は数ヶ月でふらっと帰ってくるそうです。期間工とかして働いて。

現在の職場とか、家族への迷惑を考えないところは普通じゃないですね。

 


先日、問い合わせがあった方は、8/11-16に石垣に一人旅をしていたとのこと。

島のなにげない日常風景をうつし、フォトアルバムを作っていたらしい。

8/22、東京の会社で外回りをしていて突然行方不明、音信不通。

社宅のアパートに携帯、財布など私物を置いたまま(会社になぜ携帯、財布をもっていかなかったのかな?)。

持ち出したものはえんじ色のリュック、緑っぽい靴、ソニーのカメラ、タブレット、免許証です。

身長176cm、体重62kg(かなり細身ですね)、黒髪、短髪。24歳。大阪出身。


財布を置きっぱなしで失跡したところがちょっと付に落ちないですね。

心当たりがあったらご連絡ください。gmailで頭がm0607366 です。


お母様からご連絡がありましたが、もうどうすることもできないですよね。

昨年失跡した人は、お母様がわざわざ石垣、与那国島にまで来て、いろいろな場所を探していきました。

その後、連絡がないのでまだ帰っていないかもしれません。


もし、私が以前知り合いだった人の傾向からすると、数ヶ月、数年でふらっと戻ってくる可能性があります。

心配でしょうが、何もすることはできません。

事故に巻き込まれていないと祈るばかりですが、女性ではないし、都会のど真ん中から消えることは難しいと思います。

 

私の推測ですが、かなりがんじがらめに束縛した子育てをしていなかったでしょうか。

そういう人は束縛から解放されようと、すごいエネルギーを出すことがあります。

(全然違っていたらすみませんね)

今は、何もできることはありませんが、帰ってきた時は、怒ったり、根ほり葉ほり聞かず、朝出かけた息子が夕方帰ってきた感じで接することが大事だと思います。

そうしないとまた出て行きます。

以前の生活に戻っても、空白期間のことは自分から言い出すまで探ってはいけません。

もう大人です。自分の人生は自分の選択で歩かせてあげましょう。

 

なんかお悩み相談室みたいになっちゃったな。

 

Related posts