映画を楽しむためのたった一つのルール

最近、huluにはまっていて、夜は映画またはドラマにはまっている。

あまりにも数が多く、全てを見ることはもちろん不可能なのだが、映画を見るときに基準となる自分のルールがあって、それを基に判断する。

これは中学生くらいだろうか、先生に教えてもらったルールだ。

その基準はいまだ正しいものだと思っている。

それは

「映画は最初の10分で決まる」

ということ。

最初の10分で引き込まれれば、そのまま見続けるし、つまらなかったり、話の内容がぼんやりしていたら、もう見るのをやめる。

その後1時間以上、たいくつな思いをしたくないから。

お金を払って映画館で見たら最後まで付き合わざるをえないけど、映画見放題の場合はその必要はない。

ちなみに自分はレンタルDVDでもそのルールは守り、つまらなかったら最後まで見なかった。

映画は人生の凝縮を見せてくれるが、無駄な時間を過ごす諸刃の剣でもある。

最近huluで公開された映画の最後まで見た映画、見きった映画をあげると

最後まで見た
 CLICK
 ザ・ウォーカー
 フィリップ・君を愛してる
 NEXT
 エンド・オブ・ホワイトハウス
 最強のふたり

最初の10分が退屈で見切った映画。
 正義のゆくえ
 Layer Cake
 パーフェクスセンス
 裏切りのサーカス

など。

アクション映画は最初に面白いシーンをもってきて、そのまま引っ張っていきやすい。
オーソドックスなのが007の作り方。
背景が何もわからなくてもとにかくその映像に引き込む。

ドラマの「24」はすごい。
11

映画のような見せ場を次から次へと作り、それを100話以上飽きさせずにみせる。
これは史上最高傑作だと言っていいと思う。

アクションでなくても工夫次第で最初の10分を楽しくすることはできる。

最初に物語の背景、説明部分を並べてわけのわからない映画にしてはダメだ。

というわけで、参考になれば。

同じようなことを書いている人がいました。

導入部で決まるストーリーラインの基本
http://jevousenprie-niwa.net/scenario/the-foundations-of-a-start-dash/

それにしても邦画ってつまらないものばかりだねぇ。

10本中、最後まで見られるのはせいぜい1本かな。

Related posts