いいゴーヤーは違う。

5月8日はゴーヤーの日で、その近辺にはゴーヤー品評会なども行われた。

どういうものが良いのか悪いのかわからなかったのだが、比べてみてわかった。

左は三本100円で買ったもの。右は紀伊国屋でおそらく数百円で売られているもの。

形がきれいだし、長いし、デゴボコが小さくなめらか。

生で食べてもあまり苦くない。

ここまで作るのには、いろいろと研究されたんでしょうね。

Related posts