警察と島人の会話

以前にも書いたが、八重山、沖縄の苗字は、本土とまったく違う。

最近ようやくひととおりの名前の人とであった感じがするが、戸惑うときもある。

喜屋武さんを「きゃん」と読むなんて面白いよなぁ。

ちなみに一番多いのは、「宮良」(みやら)さんらしい。

鈴木さんなんてこっち来てから出会っていないなぁ。

さて、検島誌さんのブログでこんな小話があったので拝借。

スピード運転でつかまった車。

内地出身の警官が来て運転手に聞きました。

「君、君の名前は?」「はい、うんてん(運天)です。」

ムッとした警官は「助手席の彼女ー、あんたの名前は?」

「はい、おんな(恩名)です。」

怒った警官は後ろに乗っている子どもに「君の名前は?」

「僕はがきや(我喜屋)」

君たちは俺をおちょくるのかとますます怒った警官は

子どもの横に座っている人に「おい、君の名前は、今度こそキチンとこたえてくれよ。」

「はい、わたしはなかま(仲間)です。」

そのやり取りを心配して見ていた男は『ぼくはなかよし(仲吉)です』と話す。

警官は怒る気も失せ、あきれてしまいました。

Related posts