慰霊の日がなんか異例。

【沖縄の願い】平和の詩 「生きる」慰霊の日 2018

動画消されるかもしれないので、見られなかったらこちら

YouTubeの動画もそうだが、みんなべた褒め。



 


 

自分はお昼のNHKのニュースの時間帯に生放送していて、ずっと見ていたのだが、この手の中学生の朗読はどうも違和感を感じる。

完全にうがった見方だし、あまのじゃくな意見かもしれないが。

朗読の全文はこちら

その中でここが気になる。

 


なんで見たこともない戦争をこんなに大人が書くような文章で綴ることができるのか。

これに尽きる。

「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」「阿鼻叫喚(あびきょうかん)」という大人でもめったに使わない言葉も使っている。

なんか言わさせているというか、受け売りというか、自分の言葉ではないというか、強烈な違和感。

朗読の発表として、内閣も列席する場でおくすることなく堂々と発表する「プレゼンテーション技術」は中学生のNo.1と言ってもいいかもしれないが、こういう文章をもし自分で書いたならば、なんかおかしい。

と自分は思う。


あとね、安倍総理のあいさつの時に、かなりのヤジが飛んだこと。

<怒号>沖縄の「慰霊の日」戦没者追悼式、安倍首相が登場すると会場から一斉に罵声!帰れコールも!ネット上で賛否両論に!

 

これはかなりがっかり。毎年だけどね。沖縄県民の民度が問われる。

安倍さんは全ての予定を沖縄県の慰霊の日にむけて調整して来島したのに、ヤジは失礼すぎる。

来なかったら来なかったでまたブーイングするんだろ?

反対派も味方もヤジを飛ばしていたように聞こえた。

安倍氏に賛成でも反対でも、とにかくこういう時は「だまって聞けや」。そういうもんだろ!

子どもじゃないんだから。


翁長県知事、今までカツラや帽子でごまかしてきたが、ようやくそのベールをはいだ。


もうごまかさずに堂々としてればいいんですよ。ありのままが一番。

ちょっと声に力もなくなってきたし、今期で引退されたほうが良いかと。養生していただければ。

仲井眞さんも引退間際はかなり力がなくなっていた。沖縄県知事はよっぽど疲れるんだね〜

次は誰かねぇ〜 安里繁信さん(48)かな。

まだ若いのでアグレッシブに動いてくれそう。

ちなみに自分は与党も野党も全然しがらみありません。

なんちゃって沖縄県民でした。

 

Related posts