軽トラハウス、日本一周、九州の旅総括

2週間の九州の旅を終えました。
トラブルは少なく、予定通りに事はすすみ感謝です。

思い浮かんだことを書いておこうと思います。

九州の各県庁所在地周辺のインフラは整備されていて、車は3車線。大型ショッピングセンターが多く、何でもそろい、住みやすそう。

ファミレスはジョイフルばかり。たまにガスト。デニーズを見ていない。ユニクロが道路沿いに全然ない。なんで?

コメダ珈琲一店みた。まだ行ったことがないので行ってみたい。

ガソリンスタンドはエネオス40%、JA40%、その他といった感じ。エネオスはセルフとフルサービス併用店があった。エネオス高めでJA安め。

夕方の車のライト点灯遅いような感じ。かなり暗くならないとみんな点灯しない。

車の運転で怖い思いをしたのは熊本城近くで1回だけ、山の坂道などはかなりゆっくりとなってしまうが、大きな目で見てくれる感じ。

抜かされ方もうまくなったと思う。直進道路で抜かされれば一番安全だが、そうでない場合、前方が右カープの時に抜かされるのがいい。対向車に気がつきやすいから。

温泉は西側に多め。東側は少なかった。それにしても九州は温泉天国。住んでいる人がうらやましい。一番良かったのは武雄温泉かな。

海沿いのきれいな道が多い。道路は整備されていて走りやすい

街路樹でもあるツツジがどこもきれいだった。とにかく絵になる風景ばかりで関東に住んでいたときにはほとんど見なかった原風景が広がっていた。

九州に住むんだったら大型バイクがあればいい。ツーリーングに最適なところ。

田舎にある道の駅周辺には防災スピーカーがあり、朝6時、または7時にけたたましいサイレンで起こしてくれる。サイレンの音はさまざまで学校のチャイム風はいい感じだが、津波の時に聞く音はびっくりした。

今回は長崎をじっくり回りすぎた感がある。それだけ楽しめたが。長崎旅行だけでも十分楽しめるのではないか。ほかは全て準備不足というか、調査不足で行き逃した場所もたくさんあると思う。

桜島周辺は火山灰で車は真っ黒になってしまう。

とにかく現金主義の九州だった。それは石垣島勝てる。コンビニはエディを使えたが、ドラッグストア、ホームセンター、商店はみんな現金決済だった。

今回の九州の旅、キャッチフレーズをつけるとすれば

「激熱、九州 !」

かな。

軽トラハウス、本土で売ります

Related posts