メンタリスト、終了してしまった

前にも紹介したアメリカのドラマ、「メンタリスト」

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6、最高だった

 


アマゾンのブライムビデオで、シーズン7まで見終えました。

このあと、一部ネタバレ。

レッド・ジョンとの戦いを終え、安心して見られることができたシーズン7、肩の力を抜いてみることができました。

テレサ・リスボンは、ずいぶんふけた感じで魅力はなくなりましたが、最後はハッピーエンドとなりました。

最終話では、身内だけで結婚式をするつもりがどんどん大きくなってしまい、披露宴を前にナーバスになるリスボン。

「もうここから逃げ出したい」という言葉に対し、普通は「大丈夫だよ」とかなんとかなだめようとするもの。

しかし、ジェーンは「だったら一緒に逃げよう」とせっかく準備したパーティをキャンセルしてしまう。

ジェーンらしいよなと思いました。自分たちが主役の式を自分たちが不愉快だったらやる意味がない。

そんなことを言える男がどれだけいるでしょうか。(自分だったらなんとかしてなだめるだろうな)

しかし、この男優さんははまり役でした。サイモン・ベイカーというのか。いい味をだしています。

よく紅茶を飲むシーンが出てくるのですが、実際にお湯が入っておらず、アツアツの紅茶を飲むふりをしているのが残念だっただけ。

最後には久しぶりにグリズビーとヴァンベルトも出てきますよ〜

とにかく台本が素晴らしいドラマです。

生々しい死体の描写が多いけど、そのほかの部分は考えさせられるシーンが多いです。

これを見ると日本の警察がらみのドラマを見られなくなります。

次は何を見ようかな〜 最近おもしろいドラマがないんだよな。

Related posts