チュウサギ、残念でした

先日保護したチュウサギの幼鳥。

交通事故のチュウサギを保護中


翌朝、残念ながら冷たくなっていました。

今日、50cmほど穴を掘り、簡易なお墓としました。


道路ではかなりの確率でシロハラクイナのれき死もみますが、全部の鳥をこのように葬ることは出来ません。

今回は縁があったのでこのような形を取りました。

繰り返しますが、道路の制限速度を守って走れば、意外と急ブレーキを使って鳥をひく可能性は少なくなります。

農道などはスピードを出しがちですが、ぜひゆったりした気分で運転し、スピードを出さないことによって、鳥や生物をひかないように気をつけましょう。

Related posts