入校してきました

前回の記事はこちら

大型二種にするか普通二種にするか

かなり迷ったけど、大は小を兼ねるで、大型二種を取得することにしました。

304,620円だと思っていたのですが、それとは別にこれだけかかるらしい。自分は17,400円。


技能で落ちると7,200円もかかるので気をつけないと。

さて、二種受ける人はなんと自分だけということが判明。


完全マンツーマン。

1人なんで、学科を受けるときに予約しないとだめらしい。ある意味ぜいたく。しかし絶対に寝られない。

先生方は、もうWindowsでいえば95くらいというか、なんとかパソコンを使ってプレゼンできている感じ。

慣れるまで苦労したのではないかなぁという操作。

若い後継者っていないのかな? 人ごとながら心配。

技能のバスは1台しかない。これは継続して受けている人もいるので10人くらいで、奪い合いになるらしい。

4日先まで4時間予約できる。

今日は適性検査というものやった。

丸い円が重なっている具合を見るのが難しかった。ほかは普通かな。32年前に免許取得した時にもこんなのをやったのかな。

なんか古くさいというか、完全に出来あがったシステムというか、こういうのって進化しないのかな。

学科は20分くらい簡単なテレビドラマみたいなものだったので、意外と楽だった。

それを見ながら思い出しました。「今までなんと運転の荒いバスの運転手、タクシーの運転手がいたことだろう」と。

あれだけの人をのせて、急カーブを繰り返したバスの運転手、まるでドリフトのごとき180度ターンをしたタクシーの運転手。

あいつら、二種免許の資格ないはず。

自分はああはならないようにしないといけないなと。

学科のドリルを渡されたが、570問もあるらしい。90%以上の合格率でなければならない。


久しぶりにカビている脳を動かさなければ。

Related posts