中国漁船船長釈放を取材

昨夜は久しぶりにやせた一日だった。
朝ご飯を9時に食べた後、夜中の2時半まで何も食べなかったからだ。
というのも全国を走り抜けたニュース「中国漁船船長の釈放」を一日追っていたからだ。
おなか回りの皮下脂肪はまさにこういう時のために蓄えてあったのだ!
(ずっと緊張状態が続くと意外とおなかはすかないものです)
午後2時半にキー局から連絡が入り、船長釈放の映像取材をすることに。
午後3時に八重山警察署到着。
$石垣島ワンだふる生活
それからなんと釈放される深夜1時50分までの約12時間、ずっと待機。
午後3時半の羽田から来た取材陣もいて、最終的には40人近くのマスコミで八重山警察署前はごったがえしました。
天気が良く、暑くも寒くもなかったのがせめてもの幸い。
しかし、午前2時前、ようやく出てきた船長はうつすことができなかった。白いシーツみたいなもので中が見えず。
$石垣島ワンだふる生活
なんとなく顔の一部が見えるが。
$石垣島ワンだふる生活
チャーター機。
$石垣島ワンだふる生活
石垣空港が深夜に使われるのは極めて異例ではないか。
けれどもどうしても当日に国外退去させたかったようで・・
あぁ~ねむいzzzz
いつもペタありがとうごさまいす
尖閣諸島は石垣市です!!
人気ブログランキングへ

Related posts