平良 海馬選手、西武でがんばれよ〜

今年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから4位指名を受けた八重山商工の平良海馬(かいま)選手。

ちょっと彼とは縁があるので自慢も含めて裏話。

2014.12.31の大晦日、千葉ロッテの大嶺祐太、翔太兄弟が母校の八重山商工高校のOBと共に地元の小・中学生らを招いて野球教室を開いた。


こちらが取材した内容。

石垣・八重山商工で千葉ロッテ・大嶺兄弟が小・中学生を指導

そして、その中でキラリと光る中学生がいたのだ!


近くで見ていて中学生なのにめっちゃ球が早いのだ。

体格もいいし、こりゃひょっとすると…と思ってインタビューもしておいた。

祐太投手は、投手を中心に、投げる直前の肘や手首の使い方などを細かくアドバイスした。指導を受けた平良海馬君(石垣中3年)は「身近な存在にプロ野球選手がいてうれしい。自分もプロ野球選手になれるよう努力したい。祐太投手は思っていたよりも背が高かった」と感想。

石垣の子供たちは身近にプロ野球選手がいて、こうやって教えてくれるので幸せだなぁ〜と思ったものだ。

目標になる人が身近にいるのは大事だからね。この時から「プロ野球選手になれるよう」としっかりと目標を立ててたんだね。

石垣中では、八重山ポニーズに所属していたようだ。

そして、翌春の2015年、彼は八重山商工に入学してきた。伊志嶺監督に鍛えてもらいたかったのだろう。

私は非常勤講師で週に1回授業を受け持っていたが(今はしていない)、ちょうど彼のクラスの担当になった。

週に1度しか学校に行かないので、受け持つ生徒の名前を覚えるのに時間がかかるから、初日にみんなの顔写真をとっている。

彼はこれ。


変顔をしているので人に見せられたものではない(笑)

ほかの人は普通の顔でうつるのだが、彼だけこの顔。面白いね。

授業で感じたのは、ちょっと人とは違う考え方、思考の仕方をするので面白い子とは思っていた。別に天才肌ではない。

まぁあまり深く知る関係にはならなかったが、彼が2年の夏(1年の夏?)に伊志嶺監督も引退。

彼が3年の夏まで留任していればもしかしたら…と期待もしていたのだが、残念だった(今の監督も素晴らしい方ですが)。

その後はほとんど接点がなかったのだが、身長がおそらく中学の時からほとんど伸びていない(173cm)にもかかわらず、154キロの高校生最速、祐太投手以上の速球を投げ、バッティングでもいいものを持っていたらしい。

180cmまで背が伸びていたらドラフトの指命も間違いないんだけどな…と思っていたら西武が4位で指命してくれた。

契約金4千万円、年俸600万円(いずれも推定)だそうだ。すごいね〜


1978年、クラウンライター・ライオンズが西武ライオンズになり、所沢にやってきた。

隣の狭山市に住んでいた自分は小学6年だったが、地元にプロ野球球団が来たということで、1年目のファンクラブに入った。

外野席が入り放題ということだったが、結局1回しか見に行かなかった。西武が勝つと花火が上がるが、家からその音が聞こえた。

青い帽子でデザインはこれ。


ちなみにクラウンライターの時もその帽子をかぶっていた。誰もかぶっていない帽子が良かったので…


ずいぶん話がそれたが、そんなわけで、西武で活躍する海馬、楽しみにしているよ〜

「教え子がプロ野球選手なんですよ」って自慢しまくるね〜

 

Related posts