ホムラダマシみーつけっ!

ホムラハゼは数回見たことがあるのですが、通称「ホムラダマシ」はまだ見たことがなかったのです。

ホムラハゼ見つけちゃった


ホムラハゼは8月26日に見つけて1カ月ぶりに見つけたことに。すごいことだと思います。

しかも自分で見つけています(笑)

前回の反省をふまえ、ガイドさんを呼ぶまえにとりあえず証拠写真を撮影しました!

しかもyg.でめっちゃちっちゃかった。砂の粒の大きさから人差し指の爪の長さくらいしかありません。




この魚のおもしろいのは、動きが面白いところ。胸びれがセンスを振っているように見えます。
今回はビデオも撮影しましたよ。こちらでお楽しみください。

それでは今日撮影したものはこちら。今日はビデオライトが壊れていて修理中。イマイチの出来で、アップできない被写体が多かったです。

エビの仲間からいきましょう。透明なボディがきれいです。

ミカヅキコモンエビ


ナデシコカクレエビ(?)

イソギンチャクモドキカクレエビ。小さくてピントがぜんぜんわからない。


目にピントがきておらず残念。なんだろう?


続いて極小な生物。

ヒメイカ?


アジアコショウダイ yg.(?)


なんだろう?


ツマジロオコゼyg.


クマノミyg.



ちょっと大きくなって、イシモチの仲間。


イロブダイyg.


タテジマキンチャクダイyg. ピンポケ


モザイクウミウシ



その他よく見られるもの

シマキンチャクフグ


ハナミノカサゴ


ハダカハオコゼ


待ち伏せして、上にいるような小魚が通り過ぎる瞬間、ひとのみにします。


キンメモドキなどがいる場所にハダカハオコゼはよくいます。


ハマクマノミ


アカククリ


アカネハゼ


エソがなにかくわえていました。


カレイの仲間でしょうか。少し大きすぎたようです。その後吐き出していました。


カミソリウオ。顔は右側に。


周囲にはこんな草ばかり。うまく擬態しています。


これはなにものかのウンチ。長すぎますね。


最後に癒しの絵で。



今日も素晴らしい海でした。沖縄・石垣はサンゴが白化してやばいという報道ばかりですが、魚たちはしっかりと元気ですよ〜

今日も石垣島ダイビングスクールにお世話になりました。

あっ、ランチもうまかった。空心菜とエビのクリームパスタ。ハムもたっぷり。2杯おかわりしてしまった。ごちそうさまでした。

360度動画テスト

test – Spherical Image – RICOH THETA

Related posts